R3/Cordaの耐障害性について教えてください。

Question

R3/Cordaの耐障害性について教えてください。

 

Answer

Corda ネットワーク内では、以下のような障害シナリオが考えられます。

  • ノードの障害。Corda Enterpriseは、一対のノード(Hot/Cold)が共通のアイデンティティとデータストアを共有する高可用性構成を提供します。
  • Notaryの障害。 crash-fault-tolerantを持つNotary構成とビザンチン耐性を持つNotary構成の両方に対応しています。
  • Networkmapの障害:NetworkmapServiceがオフラインの場合でも、Corda ネットワークは動作を継続できます。NetworkmapServiceがオンラインに戻ってきたときに、新しいノードに関する情報を伝播することができます。
  • Identity Managerの障害。新しいノードをネットワークに登録できません。
  • データの損失/破損。一般的には、障害のリスクを軽減するために、同期的に複製されたデータストアを使用することをお勧めします。さらに、追加の安全策として、私たちは元帳同期サービスCollaborative recoveryを提供しています。これにより、参加者は、参加者が共有すべきだと信じている共有データを本当に所有しているかどうかを確認することができます。詳しくはhttps://docs.corda.net/docs/corda-enterprise/4.8/node/collaborative-recovery/introduction-cr.htmlをご覧ください。

 

Created by: YuIku

Last edited by: YuIku

Updated: 2021/5/19

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています