共有したい情報と共有したくない情報があるときの対処法

Question

商品カタログ情報は全員に共有したいが、それに紐づく取引内容は秘匿したいといった要件はCordaで実現できますか?

Answer

商品カタログ情報自体を全体で共有し、それを参照しながら、売買情報を別途やり取りすることも可能です。Reference Stateという仕組みがあります。Token-SDKでは、債券や株の基本情報(発行済株数や、発行体など)をRefで共有しつつ、取引そのものはべつのTransactionでやるというやり方を実装しています。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://docs.corda.net/docs/corda-os/4.5/api-states.html

 

Created by: Taira Nakamura

Last edited by: Taira Nakamura

Updated: 2020/9/2

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています