Notary Health Check Toolについて

この記事では下記の構成を使ったNotary Health Check Toolの検証について

ご紹介します。

Notary Health Check Tool起動のための主要なステップは次の1~3になります。

  1. Notary 環境構築
  2. Node 環境構築
  3. Notary Health Check Toolの起動 

 

下記が今回検証の構成図です。

 【Notary Health Check Tool 検証環境】

mceclip0.png

 

 

1.Notary 環境構築

 a. Notary のベースディレクトリ配下の cordapps ディレクトリにヘルスチェック用 jar を設置

   ・corda-notary-healthcheck-contract-4.4.jar

 b.corda-notary-healthcheck のホワイトリスト化

   ※corda-notary-healthcheck は開発の証明書で署名済みなので、開発モードで実行する事が

    可能だが、プロダクションモードでは、開発の証明書で署名した CorDapp はロードする事が

    不可 。そのため、 プロダクションモードで開発の証明書で署名した CorDapp を許可するため

     ノード構成ファイルに下記を記載します。
                       

cordappSignerKeyFingerprintBlacklist = []

 

 

2.Node 環境構築

 a. ヘルスチェックを実行するノードの cordapps ディレクトリにヘルスチェック用 jar を設置
  ・corda-notary-healthcheck-contract-4.4.jar
  ・corda-notary-healthcheck-cordapp-4.4.jar


 b.ヘルスチェックを実行するノードのベースディレクトリにヘルスチェック実行用の jar を設置
  ・corda-notary-healthcheck-client-4.4.jar


 c.corda-notary-healthcheck のホワイトリスト化

            ※corda-notary-healthcheck は開発の証明書で署名済みなので、開発モードで実行する事が

    可能だが、プロダクションモードでは、開発の証明書で署名した CorDapp はロードする事が

    不可 。そのため、 プロダクションモードで開発の証明書で署名した CorDapp を許可するため

     ノード構成ファイルに下記を記載します。
                       

cordappSignerKeyFingerprintBlacklist = []

 

 

3.Notary Health Check Toolの起動

 a.Notary 及びノード の起動

java -jar ./corda-4.4.jar&

 b.ノードのベースディレクトリに移動し、下記コマンドにてヘルスチェックを開始

java -jar corda-notary-healthcheck-client-4.4.jar -c startAll -h localhost -p 61102 -w 10 -o 10 -u testuser --password password


参考:ヘルスチェック開始コマンドのパラメータについて

パラメータ 内容
-c startAll ネットワークマップ内のすべての Notary を検索して監視
-h localhost ノードのホスト名または IP アドレス
-p 61102 ノードの RPC ポート
-w 10 チェックまでの待機秒数( 10秒の例 )※無指定の場合 120秒
-o 10 チェックフローが実行中の Notary を再チェックする前に待機する秒数
-u testuser RPC の接続ユーザー名
--password password RPC の接続パスワード

 

参考:検証環境のバージョン情報

●Node
 Ubuntu18.04
 Java SE 8u231
 PostgreSQL 9.6
 PostgreSQL JDBC Driver 42.1.4
 corda本体 4.4
 helthcheck関連 4.4

●Notary
 Ubuntu18.04
 Java SE 8u231
 PostgreSQL 9.6
 PostgreSQL JDBC Driver 42.1.4
 corda本体 4.4
 helthcheck関連 4.4

●Healthcheckクライアント
 Ubuntu18.04

 

参考:参照リンク

https://docs.corda.net/docs/corda-enterprise/4.4/notary-healthcheck.html

 

Created by: Yoshino

Updated: 2020/06/19

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています