過去のTransactionの検証とプライバシーの確保についてどのようになっていますか?

Question

A->B->C->Dとトークンが移転していった時、関係者しか取引の存在を知らないとすると、DはAとBしか持っていないTransactionの正しさを検証できないと思うのですが、いかがでしょうか?

Answer

ご認識のとおり、上記の例だとDはAとBのやり取り、BとCのやり取りを確認しない限りTransactionの正しさを証明することはできません。よって、DがTransactionの検証をするときはそれまでの取引をトレースバックして、過去のやり取りを確認する必要があります。つながったTransactionの場合は、このトレースバック、検証をCordaは自動で実施します。プライバシーを守ろうとする場合はTransactionを一回切るような処理をしますが、これは検証力とのトレードオフになります。

 

Created by: Sheng Zhao

Last edited by: Sheng Zhao

Updated: 2020/06/06

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています