Notaryに送るデータを詐取されるとどうなるのでしょうか?

Question

Notaryに送るデータ自体を悪意あるユーザーから詐取されると、悪意あるTransaction内容は承認されてしまいますか?

Answer

悪意あるユーザーと悪意あるTransactionの二つに分けてお答えします。

まず、悪意あるユーザーについてですが、個人やパーミッション外の組織がCorda上のデータを(技術的には検討する意味のないTLS接続の盗聴を含め)何らかの形で取得した場合も、Network参加を許されたNodeからでなければNotaryへデータを送ることができません。

一方悪意あるTransactionです。繰り返しになりますが、当該TransactionをNotaryが承認するためには、Network参加を許可された法人がそのTransactionを送信する必要があります。この場合、法人格が特定されるため、Network内の悪意ある行動は明確な訴訟対象となります。

許可されたNodeの使用権限を保有するオペレーターによる、悪意ある、もしくは誤ったTransactionを送付するリスクは、各法人内のオペレーションリスクに属す課題であり、Corda使用によって避けられる課題ではございません。

 

Created by: Taira Nakamura

Last edited by: Taira Nakamura

Updated: 2020/06/09

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています