Node Explorer

ノードエクスプローラ

ノードエクスプローラーは、CordaのRPCフレームワークを使用した、ノードのvaultとトランザクションデータのビューを提供します。ユーザーは、cash transactionコマンドを実行し、キャッシュを発行し、ネットワーク上の他の関係者に移転したり、キャッシュを償還したりすることができます(例:ledgerから削除)

 

UIを実行する

Windows

gradlew.bat tools:explorer:run

その他

./gradlew tools:explorer:run
特定のノードに接続するには、ノードエクスプローラーがその特定のノードにロードされているすべてのCorDappにアクセスできる必要があります。デフォルトでは、ファイナンスのCorDappにのみアクセスできます。ノード上に存在する他のすべてのCorDapp は、ノードエクスプローラが実行されるディレクトリ内にあるディレクトリにコピーする必要があります。

 

デモノードの実行

Node ExplorerにはDemoBenchアプリケーションに含まれており 、デスクトップ上にローカルCordaネットワークを作成できます。例えば:

  • Notary
  • Bank of Breakfast Tea(GBPの発行者ノード
  • ビッグアップル銀行(米ドルの発行者ノード
  • Alice(参加者ノード、ユーザーAliceの場合)
  • Bob(参加者ノード、ユーザーBobの場合)

DemoBenchは、CordaのファイナンスのCorDappを使用してすべてのノードを自動的に展開し、ノードごとにノードエクスプローラーのインスタンスを起動できます。また、自動的にノードエクスプローラーにログインします。

発行者ノードに接続されている場合、ユーザーはcash transactionコマンドを実行して、キャッシュを発行して自分自身またはネットワーク上の他の関係者に移転したり、キャッシュを償還することができます。

参加者ノードに接続されている場合、ユーザーはcash transactionコマンドを実行して、キャッシュをネットワーク上の他の関係者に移動することしかできません。

ノードエクスプローラは、スタンドアロンのJavaFXアプリケーションとしても利用可能です。Cordaリポジトリでcorda-tools-explorerからとして入手でき、java -jar corda-tools-explorer.jarでも実行できます。

 

インターフェース

エクスプローラーを使用して任意のCordaノードにログインできます。ログインにはCordaノードのアドレス、ユーザー名、パスワードが必要です。空白のままにすると、アドレスはデフォルトでlocalhost:0になります。ユーザー名とパスワードはrpcUsers、ノードの構成ファイルのフィールドで構成できます。ログインする 

ダッシュボード(Dashboard)には、ノードとVaultの最上位の状態が表示されます。下記ではキャッシュの残高と実行されたトランザクションの数を示しています。ダッシュボードは、さまざまなCordAppからのウィジェットを格納し、システム管理者に一目で役立つ情報を提供することを目的としています。ダッシュボード 

キャッシュビューには、現在所有しているすべての通貨がツリーテーブル形式で表示され、発行者->通貨別にグループ化されます。個々のキャッシュの取引は、表の行をクリックして表示できます。ユーザーは検索フィールドを使用して、範囲を絞り込むこともできます。金庫室 ここで、新しいキャッシュトランザクションを作成できます。ユーザーは、3つのトランザクションタイプ(issue、pay、exit)とネットワーク上に表示される任意のパーティから選択できます。一般的なノードは、ネットワーク上の他のパーティに対してのみpayコマンドを実行できます。newTransactionCash 

発行者ノードは、(自身または他のパーティに対して)発行を実行し、トランザクションを支払い、終了することができます。実行すると、トランザクションの結果がトランザクション画面に表示されます。newTransactionIssuer 

トランザクションビューには、ノードによって処理されるすべてのトランザクションがテーブルビューで含まれます。トランザクションID、コマンドタイプ、USD相当の価値など、テーブルに関する基本情報が表示されます。ユーザーは、ダブルクリックして行を展開し、そのトランザクションの入力、出力、および署名の詳細を表示できます。transactionView 

ネットワークビューには、ネットワークの情報を世界地図上で表示しています。下記では、ユーザーのノードのみがマップに表示されてます。将来のリリースで他のピアに拡張される予定です。マップで、Cordaネットワークと参加者を視覚的に確認することが可能です。通信網 

ユーザーは下記のビューでクライアントの設定ができます。

レポート通貨は構成可能ですが、FXサービスがまだないため、FX変換は値に適用されません。

設定

 

原文:Node Explorer

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています