Corda Enterpriseの理解に向けて

概要

本稿は、「Corda Open Source Software(OSS)」と「Corda  Enterprise(CE)」の機能比較をした Corda and Corda Enterprise 」を翻訳したものです。
OSSとCEの違いをご理解いただく一助になれば幸いです。

 

Corda  Enterpriseの使命

Cordaはその特有の方法で、プライバシーを守りながら、当事者間での直接的な価値の取引を可能にします。

そして、CEだけではなくOSSバージョンの成功も、R3の達成すべき使命であり、開発者のノウハウとコア機能を詰め込まれているため、皆様はOSSバージョンを使用してCordaアプリケーションを迅速に構築することができ、実用化への模索の中でCordaの価値を迅速に実証できます。

組織がブロックチェーンソリューションの実現という旅路を進めるにあたり、そのソリューションを採用する際には、Cordaアプリケーション(CorDapps)に最適なデプロイメント・プラットフォームを慎重に検討しなければなりません。

企業の IT チームやネットワーク関係者の皆様は、CorDapps が処理するビジネスプロセスやトランザクションの複雑さやミッションクリティカルな性質に応じて、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス、既存の IT 環境内での導入の容易さなどの保証を求めているのではないでしょうか。

 この保証を提供するために、R3は「Corda Enterprise」を開発しました。 CEは、スケーラビリティ、相互運用性、トランザクションのプライバシーといった OSSと同じ仕組みを有しています。加えてCEには、より高い復元力、洗練されたパフォーマンス、セキュリティの向上、運用ツールが追加され、大規模サービスにも対応できるサポートをご用意しています。

 

Corda  Enterpriseを検討すべき理由は…?

高い信頼性と復元性が必要不可欠なミッションクリティカルシステムに従事されている皆様

下記は必要でしょうか?

  1. サービスの保証、事業継続性の保証、ダウンタイムの最小化
  2. データの完全性の保証を必要とする要件
  3. SLAを満たすためのサービスとサポート
  4. 本番ソフトウェアに対する修正パッチ

アプリケーション、ノード、ネットワークのデプロイと管理を簡素化できる運用ツールをお求めの皆様

下記は必要でしょうか?

1. プラットフォームのデプロイ、監視、管理がより簡単にできるような運用ツール
2. ノードデータベースをマネジメントツール
3. 接続状態やノードやネットワークの健全性を確認できる運用ツール

 

より高いスループットとより速いトランザクションをお求めの皆様

下記は必要でしょうか?

1. OSSで対応しきれないネットワークボリューム
2. より高いスループットやチューニング機能

 

セキュリティの脅威からシステムを守るための、堅牢なインフラをお求めの皆様

下記は必要でしょうか?

1.秘密鍵の保管や所有権に対するより確実な保証
2.ビジネスネットワーク全体のノード管理
3.大切な情報を守るためのブロックチェーン・ファイアウォール

 

これらに共感いただきましたら、ぜひともCorda Enterpriseの導入をご検討ください。

OSSとCEの機能比較

Core機能

Cordaは、素早いサービス化を目的とした使いやすい開発プラットフォームを、アプリケーション開発者に提供します。

特徴 Open Source Enterprise
Corda元帳–ピアツーピアのトランザクションレベルのプライバシー
フローフレームワーク - マルチパーティのビジネスプロセスとコミュニケーションを簡素化します。
不変のステート - 一貫性と信頼性のある共有事実
Vault – ステートとコントラクトのノード固有のストア
スマートコントラクト - 実行可能なコードとライブラリ
アトミックトランザクション(入力、出力、参照ステートを含む )
1つのノードで複数のアカウントを使用する(Accounts SDK )
サポート言語 kotlin,java kotlin,java
標準のCorda APIs
あらゆるコルダネットワークとの互換性を保証(コルダネットワークを含む )
トークン化のための標準ツールキットとライブラリ (Token SDK)

 

デプロイメント

Corda Enterpriseは、オペレータノード、ネットワーク、およびエンドユーザーノードを実行するためのより多くのオプションを提供し、迅速なTime to Valueをサポートし、サービスデプロイへのハードルを取り除くことができます。

特徴 Open Source Enterprise
オンプレミス
Azure、AWSへのデプロイ
コンテナ化 - 再現性の高いノードデプロイを容易に実現するためのDockerのサポート

コンテナオーケストレーション - ノードクラスタを効率的に管理するためのKubernetesのサポート

 

運用

Corda Enterpriseは、ミッションクリティカルなビジネスのノードおよびフローを監視、保守しトラブルシューティングを行うための高い運用能力を有しています。

特徴 要約 Open Source Enterprise

エンタープライズグレードの元帳の復元力

HA(高可用性)ノードの展開 高可用性ノードにより、ダウンタイムを排除し、台帳上のデータの損失、破損、重複から保護 ×
Ledger Sync 本番ネットワークにおけるエンタープライズグレードDRのためのネットワークピアからの欠損元帳データの診断能力 ×
External Artemis MQ ノードとは別にメッセージブローカを実行する機能、またはHAセットアップのために複数のブローカを同時に実行する機能 ×
Multi-node use of a shared external Artemis MQ and a shared Corda firewall セットアップと共有インフラストラクチャの回復力を高め、ITのオーバーヘッドを削減 ×

エンタープライズデータベースサポート

PostgreSQL Corda と Corda Enterprise のための標準化されたデータベースで、インプレースアップグレードをサポート
SQL Server すぐに使えるデータベーススキーマの相互運用性のための統合とメンテナンス 検証環境のみ
Oracle すぐに使えるデータベーススキーマの相互運用性のための統合とメンテナンス ×

ノードオペレータの保守・監視ツール

Node health check survey ノードオペレータの健全性調査によるノードとネットワークインフラストラクチャの接続性のチェックと自動化されたセキュリティ警告により、確実な展開と監視を実現 ×

Configuration obfuscation tool(難読化ツール)

設定ファイル内の機密情報を隠すためのシンプルで迅速な方法を提供 ×

HA管理ツール

HAユーティリティーは、ノードのプロビジョニングとデプロイメントのプロセスを合理化するツールを提供することを目的としています。 ×

ノータリーの復元と統合

Simple notary 単一のノータリーサービス
Clustered notary service ノータリーのクラスタ化 ×
Oracle RAC connectivity オラクルの分散型HAデータベースを標準サポート ×
CockroachDB connectivity 導入が簡単で高性能な分散型データベースをサポートし、パフォーマンスの向上を実現(毎秒数千件のトランザクションを公証可能) ×

 

セキュリティ

Corda Enterpriseは、堅牢なインフラストラクチャと機能により、セキュリティの脅威から保護し、秘密鍵を安全に保存します。

特徴 要約 Open Source Enterprise
Java KeyStore file ファイルシステムにキーを保存
Hardware Security Module (HSM) support R3が標準でサポートしている統合機能を備えた主要なHSMに秘密鍵を保存する機能。オペレータに優れたセキュリティと回復力を提供します。鍵がノードが稼働しているマシンに直接さらされることはなく、HSMのバックアップシステムを通じて保護することができます。 ×
Corda firewall インバウンド接続を処理するための専用コンポーネントで、組織の非武装地帯内で実行することができ、Corda ノードへの攻撃対象を減らすことができます。 ×

 

パフォーマンス

Corda Enterpriseは、各ビジネスネットワークに合わせてパフォーマンスをチューニングでき最適な本番環境を提供します。

特徴 要約 Open Source Enterprise
Dynamic database caching データベースオブジェクトを自動的にキャッシュしてパフォーマンスを向上させる機能
Multi-threaded flow state machine 複数のCorDappフローを並列に実行し、パフォーマンスを向上 ×
Performance Testing Suite 最適化を支援するために、あらゆるフローのベンチマークを実現 ×
Parallel platform flow execution 一般的に使用されているプラットフォームフローを並列化し、より高いスケーラビリティを実現 ×

 

サポート

本番稼働システム構築や更なる付加価値創出の過程において、皆様の要件を満たすためにさまざまなサポートをご用意しています。

特徴 要約 Open Source Enterprise
Developer mailing lists, Public slack (no SLA) 公開チャンネルでのDevRelサポート
Software maintenance ホットパッチとバグフィックスを標準で提供 ×
Support by SBIR3Japan and  R3 Technical Support Engineers

SBI R3 JapanとR3の技術サポート

×

Professional Services

ノード、ネットワーク、アプリケーションの設計、開発、市場投入、テスト、展開をサポートするパッケージ化された付加価値サービスを提供

詳細につきましては、アカウント・マネージャーにご連絡の上、利用可能なサービス一式をご確認ください。

 

Created by: Kazuto Tateyama

Last edited by: Tomonori Yoshinio

Updated: 2021/08/020

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています