Corda理解にむけて(日本語字幕動画の紹介)

Cordaに関する資料はほとんど英語です。それがネックになって学習できなかった方も多いかと。(私もその一人)

ここで紹介する14本の動画は、日本語の字幕が用意されています。ブロックチェーンの基本は分かったけれど、Cordaのことは何もわからないという方にお勧めです。

字幕が出ないという方は、各動画の右下にあるCCボタンを押して、「日本語」を選んでください。

 

目次

これから説明する用語の一覧です。

 

Corda Ledger

台帳(Ledger)の説明です.

 

States

共有される事実を表現するStateの説明です.

 

Transactions

一つ一つの取引を表現するTransactionの説明です.

 

Contracts

Transactionによって生じるStateの遷移を規定するContractの説明です.

 

Commands

Contractには複数のCommandが含まれます.

 

Timewindows

トランザクションの「実行可能タイミング」を指定するTimewindowの説明です

 

Attachments

トランザクションに契約書の書面(PDFなど)を添付する場合などに使うAttachementsの説明です.

 

Flows

ブロックチェーン技術の実現であるトランザクションの外側で,トランザクションのやり取りや署名の依頼などをノード間でコントロールするFlowについての説明です.

 

Consensus

Cordaの考える検証の在り方についての説明です.事実の検証と,価値の検証の二つについて説明しています.

 

Notaries

価値の検証をつかさどるNotaryについての説明です.

 

Oracles

外部情報をブロックチェーン内部に取り込むための技術であるOracleについての説明です.

 

The Corda Node and CorDapps

Cordaネットワークにサーバが参加するためのプロセスを説明しています。

 

Legal Prose

Contractのコードと、その法的な側面について簡単な説明をしています.

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています